top of page

【スマホ写真講座】AE/AFロックを使ってみよう



前回のスマホ写真講座では、

についてお届けしました。


今回はその続きで、

実際にどんな場面でAE/AFロックを使用するかをご紹介します。



AE/AFロックが活躍するシチュエーション3選


①子供が窓を背にしている時


逆光 スマホ

<お悩みポイント>

よくある逆光シーン。室内と比べて部屋の外が明るく明暗さが大きいため、スマホカメラを構えると子供の顔が暗くなってしまう


<手順>

1.子供の顔を長押しタップ

2.太陽マークを上に上げる

3.シャッターボタンを押す


逆光 スマホ

<解決>

カメラが決めた自動露出よりも明るく設定することができ、子供の表情が見える写真になる











子供が公園の遊具で遊んでいる時


公園 スマホ写真

公園 スマホ写真

<お悩みポイント>

動きが早く、撮りたい場所でフォーカスが合わずにシャッターチャンスを逃してしまう


<手順>

1.繰り返しの動きをする滑り台や、ブランコ等の遊具を選ぶ

2.撮りたい位置に子供が来た時に、子供の顔を長押しタップ

3.太陽マークで明るさ調整

4.次に子供が同じ場所に来た時にシャッターボタンを押す

※ピントがずれてしまうため、ロックした時と子供との距離が変わらないように注意



<解決>

スマホカメラが改めてフォーカス調整をせずにすぐに

シャッターを切れるため、チャンスを逃さずに撮影できる
















③ちょっと暗いな、、と思う時いつでも


AE/AFロック やり方

AE/AFロック やり方

<お悩みポイント>

ちょっと暗いなと思ってもとりあえず撮って、編集されない写真がたくさんスマホに溜まっていく....


<手順>

1.被写体を長押しタップ

2.太陽マークを上に上げる

3.シャッターボタンを押す


<解決>

スマホの中の写真がお気に入りの写真ばかりが並び、いつも綺麗な状態で気持ちいい!
























いかがでしたでしょうか?

今すぐ使えるこのAE/AFロック機能、

使い方をマスターして、素敵な瞬間をたくさん写真に残してみてください。


次回の【スマホ写真講座】もお楽しみに!



________________


【youtubeチャンネル】

「子育てをもっと楽しく! 

パパとママのための写真講座」

-ちょっとの工夫で、思い出をより可愛くきれいに残せます-


企画・編集

日本はだかんぼ協会®︎認定フォトグラファー

coccolo foto中村


提供

日本はだかんぼ協会®︎

-はだかんぼ撮影会®︎を全国へ!-







閲覧数:1回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page